落合シェフのランチセミナー

2008年10月20日

 毎年恒例のランチセミナーのご報告です。今回は9月20日の土曜日に、LA BETTOLAの落合シェフとbis LA BETTOLAの成田シェフにダブルでご登場いただくという夢のようなセミナーが実現しました。

 

ベットラ自家製テリーヌ/鶏白レバーのムース前日まで台風が直撃かと思われていましたが、見事にそれてくれて20日は快晴のお天気。「良かったですね〜」「気持ち良いお天気になりましたね〜」と皆さんニコニコ顔で到着されました。

 

 席につくと落合シェフ直筆のサイン入りメニューが各席に置かれていました。サインと一緒に描かれた自画像のイラストがそれぞれ違っていて、目がクリっとしていたり、ウインクしていたり、とっても楽しいんです。

 

 まず、成田シェフからご挨拶をいただき、スプマンテで乾杯! お食事のスタートです。
 次々と並べられるアンティパストにあちこちのテーブルで歓声があがり、初めから皆さん興奮状態でした。私たちの食べっぷりを見て、厨房から成田シェフが慌てたご様子で出ていらっしゃいました。「皆さ〜ん、まだパスタ、セコンドがありますからね〜。パンも食べ過ぎないようにしてくださいね〜。」これには一瞬ハッとしましたが・・・「大丈夫で〜す」「だってこのパンもとっても美味しいんですもの〜」との声が飛びかい、私たちの食欲はいっこうにセーブされませんでした。

 

 パスタ3品もしっかりいただき、セコンドへ。その頃にはワインと美味しいお料理に酔いしれて、どのテーブルも笑い声が絶えず、和気あいあい、楽しい雰囲気でした。

 

 ドルチェをいただきリラックスしているところへ落合シェフの登場です。拍手が沸き起こり皆さんの表情がパァーと華やぎました。お料理のお話、イタリアのお話などをして下さり、私たちの質問にも丁寧に気さくに答えて下さりました。

 会場から「パスタのゆで汁の塩加減が難しい」との声が出た時は、「じゃ、うちのゆで汁、今持ってくるからみんな舐めてみて、そしたらわかるよ。」とゆで汁を試させて下さったんですよ。

 お話が終わった後も、本にサインしていただいたり、一緒に写真を撮っていただいたり。
 まさに宴たけなわの状態の中、成田シェフも再び登場。しばらくは撮影会が続きました。

 

 もう4時も近づく頃、シェフに見送られて皆さんフニャ〜と幸せそうなお顔で家路につきました。と思っておりましたが、その後銀座ショッピングや夕暮れのティ-タイムを楽しまれたようでした。
 美味しいお料理とワイン、シェフの楽しいお話、あっと言う間の4時間でした。ほんとうに、至福の時とはこのことですね。楽しく美味しい午後でした。

 

 皆さんが帰られた後、シェフからご感想が・・・
 「今日いらした皆さんの胃ぶくろは本場のイタリア人並みですね。沢山食べて、飲んで、おしゃべりして、厨房から見ていてもとても楽しそう。理想的な食べ方ですよ。」

 

 落合シェフ、成田シェフ、ほんとうにどうもありがとうございました。落合シェフの気さくでユニークなお人柄にますますファンになった方も多く、また、成田シェフのファンが急増した一日でもありました。

 

 最後にメニューをご紹介致します。コメントは致しませんが、ひとつだけ。今回レバーは食べられないと言う方が何名かいらしたのですが、皆さん白レバームースは食べられたんです。「初めてレバーを美味しいと思った」とのことでした。

 

 当初はアンティパスト5品、パスタ2品、セコンドにドルチェの予定でしたが、皆様からのアンケートをもとにシェフとお打ち合わせをした結果、皆様の旺盛な食欲に感嘆したシェフのご好意でアンティパストが8品、パスタも3品に増やして下さり、セコンドもお魚とお肉両方というなんとも贅沢なランチメニューになりました。

 

メニュー

 

 

 

▲ページTOP