ラ・チェラミカ 2010〜2011

2011年01月07日

 新年あけましておめでとうございます。昨年中は皆様に大変お世話になりまして、どうもありがとうございました。

 

 2010年は様々な出会いがあり、今までとは違ったお仕事をたくさん経験させていただきました。
 作品展では、4〜5月に開催された葉山芸術祭に初めて出展し、3カ所で展示をさせていただき、そのうち1カ所ではワークショップを開催致しました。初めての場所なので不安がありましたが展示も好評をいただき、また、3日間の予定でしたワークショップは予約で満席になり、急きょ2日増設という嬉しい結果になりました。これも場所を提供して下さった方々、宣伝をして下さった方々、都内や県外からわざわざ訪れて下さった皆様のおかげです。どうもありがとうございました。
 そしてそれがきっかけとなり、6月には元麻布での展示会に参加させていただきました。
 (詳細はコラムのバックナンバーをご覧ください)

 

 教室は9月より逗子の小笠原学園で新たにポタリーのクラスが始まりました。また、テラコッタ陶芸のフィールドファインの教室にもポタリーを取り上げていただき、絵付けのレッスンをさせていただきました。

 

 セミナーやイベント関係では、1月のセミナー&ランチパーティーにはじまり、春からは神奈川県内の中学校での講演やロータリークラブや商工会議所などでの講話において『世界でも特有な日本の食文化』というタイトルでお話をさせていただきました。これは食器の形状からみた食文化の特徴をとりあげたもので、かねてから興味を持っている文化人類学にも通じる課題です。食器の形状や素材、それに大きな影響を及ぼしているその地域の生活様式や食文化については、まだまだ学ぶべきことが沢山あります。今後も勉強を続け、その興味深い点を皆様に少しずつでもご紹介していけたらと思います。

 

 また、2010年はイタリアの食材店や美容院などのショップの看板やレストランの展示品、オープニングパーティーのギフトなどのご依頼もいただき、とても楽しい経験をさせていただきました。
 これらは自分の作品を制作するのとは違い、クライアントに満足していただなくてはというプレッシャーと、必ず守らなくてはならない納期がのしかかってきて辛くはありますが、その分やり遂げたときの達成感はなんともいえない嬉しさでいっぱいです。
 私の作品展やホームページを見てお仕事を依頼して下さることは、どんなに嬉しいことか・・・。やりがいのあるお仕事をさせていただき、心より感謝しております。
 (詳細はコラムのバックナンバーをご覧ください)

 

 あっという間に駆け抜けたような2010年でしたが、2011年も減速することなく、今までの仕事を基本にさらに発展させて行きたいと思います。

 

 まずは2月13日のセミナー&ランチパーティー。ここでは今回初めて私の作品展を同時に開催致します。3月には新規の百貨店での展示会&ワークショップを予定しています。5月には第4回目となる研修旅行(今回はイタリア・シチリアです)、秋には教室全体の作品展を、12月には個展を開催致します。
 慌ただしくなりそうですが、流されず、丁寧な仕事をしていきたいと考えています。

 

 

テラコッタタイル/LA CERAMICA  2011年もラ・チェラミカの活動をどうぞお楽しみに・・・。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

▲ページTOP