Illustration と Pattern

2012年05月02日

 ペットボール
 イラストレーションとは、と改めて調べると、イラストレーションは形式よりも題材に主眼を置いた図形的もしくは絵画的な表現 とあります。
 一方パターンは、模様、抽象的、形式的 とあります。

 

 お皿のデザインをする時、イラストレーションで描こうとか、パターンで描こうとか、特に意識したことはありません。でも、長い間食器メーカーのデザイン部に勤務していたこともあり、食器のデザインというとパターンが思い浮かんでしまうようで、絵付けを初めて間もない頃に描いた作品はパターンが多かったようです。
 それが、ここ2〜3年はイラストの作品が増えたようで、自身では意識していなかったのですが、作風が少し変わったと言われるようになりました。
 そうかな〜と、作品の写真を整理して気づいたのですが、2009年12月の青山での個展を皮切りに、翌2010年4月の葉山芸術祭の出展、この辺りからグッとイラストの作品が増えています。
 自身ではイラストは苦手と思っていたのですが、不思議ですね。

 

2010年葉山芸術祭 出品作品 テーブルトップ

2010年葉山芸術祭 出品作品 テーブルトップ

 

そして、今年に入ってからは、イラストの作品の問い合わせや注文が目立って増えてきました。ついに先日は「イラストのお仕事をしてもらえないか』というご依頼まで舞い込みました。
 自由に楽しく描いているイラストが多くの方に気に入っていただけるのは嬉しいこと、単純な私はアレも描きたい、こんなのも描いてみたいと意欲満々です。
 陶磁器を中心に、少しずつ他のアイテムにもトライしていけたらと思います。

 

 百貨店のイタリアフェアに向けて描きおろしたミニタイル

百貨店のイタリアフェアに向けて
描きおろしたミニタイル

 食器とお揃いのデザインを描いたトートバッグ

こちらは食器とお揃いの
デザインを描いたトートバッグ

 

 

▲ページTOP