SALONE会報誌 スタートしました

2012年07月19日

SALONE会報誌 以前からやりたいと思っていたことの一つ、会報誌の第1号をこの程刊行致しました。これは、私どもラ・チェラミカが運営する『SALONE』の会報誌で、春、夏、秋、冬と年4回、季節ごとに会員の皆様にお届け致します。

 

 内容は、季節ごとの活動のお知らせの他、日本やヨーロッパなどの陶磁器工房の紹介や、絵付けのテクニック、器のまめ知識など。さらに、イタリアの美味しいものや楽しいパーティーのお知らせなど盛り沢山の内容です。

 今回制作にあたり、デザインや構成をして下さったプリズムゲート株式会社さんの担当の方にも「こ、こんなに盛り込むんですか?!」と驚かれました。「少し削らないとだめですかね〜?」と心配そうに尋ねますと、「せっかくですから全部載せましょう!」と心強いお言葉、そのおかげで本当に盛り沢山の第1号が完成致しました。

 既にお手元に渡った皆様からは「読み応えありますね〜」「充実した内容ですね」との感想をいただき、大変嬉しく思っています。

 

 中でもぜひじっくりお読みいただきたいのは特集ページ。これは、長年温めていたイタリアの陶磁器の街を尋ねたレポートを毎回州ごとに、リグーリアに始ま り、シチリアまで特集致します。実際自身で尋ねて集めた資料や写真を元に、今回さらにイタリアから持ち帰った陶磁器の専門書を奮闘して翻訳し、より内容の 深いレポートをお届け出来るようまとめました。
 この特集が最後を迎える頃には、皆様のお手元にかなり詳しく、また日本では希少と言えるイタリア陶磁器の資料が集まることと思います。

 

 他のコーナーも少しご紹介致しますと・・・

 

『工房だより』 ラ・チェラミカの工房の様子をお知らせします。製作中の作品や、新しいデザインの紹介をしていきます。
『器 いろいろ』 イタリアだけでなく、和食器やアジアの食器、ヨーロッパの食器について、その歴史や様々な知識を紹介していきます。
『Charley & Kobin』  ブログで何故か一番人気のコーナー。おマヌケなCharleyとその弟分でしっかり者のKobinのコラムです。

 

 今回は7月1日に発行し、ほっとしたのもつかの間。うかうかしていると次回の10月1日発行の原稿締め切りがすぐにやってきます。

 分厚い資料に囲まれな がら、大変だと思いつつも陶磁器の魅力にますますはまり込んでいくこの頃です。

 

 私達が物を食す限り、なくてはならない器、遠い昔と現在、遠い国と日本、そ れぞれどのような物が作られているのでしょうか。会報誌を制作することでそれを探っていきたいと思います。

 器の魅力を皆様にもとくと味わっていただけるよ う、次回が楽しみと言っていただけるよう、充実した会報誌を作っていきたいと思います。
 どうぞご期待下さい。

▲ページTOP