陶器展『イタリア陶器に見るイタリアの地域』

2013年03月13日

ハイアット リージェンシー 東京 2012〜2013 ご報告-1

 

veritas 新宿にある ハイアット リージェンシー 東京 で昨年11月20日より展示会を開催させていただきました。

 当初の予定では12月31日まででしたが、おかげさまでご好評をいただき、会期が今年2013年1月31日に延び、さらにその後2月半ばまで延びました。先日2月15日に延べ3ヶ月に渡った展示の搬出を無事終了させました。
 年末年始のお忙しい時期に、展示会場へお越し下さった皆様、大変ありがとうございました。

 

 今回は会期の長さ、展示会場に於いても初の試みでした。今までは1週間、長くとも2週間の会期でしたので、会期中はほぼ自分が会場におり、いらして下さった方々の対応にあたるというスタイルでした。来場者の6〜7割はお知り合いというのが常でした。
 しかし、今回は打って変わって会期も長く、公共の場での開催。「大丈夫かな〜」とドキドキしながら臨みましたが、予想を遥かに超える良い結果を得ることが出来ました。

 

 会場に設置したメッセージ・ボックスには連日沢山のメーッセージをいただき、それを拝見してびっくり致しました。

 メッセージを下さった中で9割は全く面識のない方、そして皆様の国籍もバライティーに富んでいるものです。

 

 私のことなど全く知らない方がこの展示をたまたま見て下さり、メッセージを下さったのだと思うと嬉しくて、一つ一つ何度も繰り返し読ませていただきました。中には読めない言語もあり、後日専門の方に助けていただき解読しました。今回いただいたメッセージは私の宝物です。ずっと大切にして、これを励みにこれからも歩んでいこうと思います。

 皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

いただきましたメッセージの一部をご紹介させていただきます。

I was so excite !
美しい!
欲しいです、買いたいです、一生大切にします。
Beautiful work !
楽しい! イタリアに行きたくなりました。
Beauty is truly scattered all over the world. Thanks.
Bellissimi piatti ! un bacio appassionato

 

 

お皿をお買い上げいただいたレストランのご紹介

a tavola 逗子にあるトラットリア ア・ターヴォラです。
 こちらの山﨑シェフがワインの試飲会にホテルを訪れ、たまたま私の展示会に遭遇。『A tavola non si invecchia.』(イタリアの諺で、食卓では歳をとらないという意)をテーマに制作した陶板を見つけ、「すごい偶然、運命だ」とリクエスト下さいました。
 トラットリアに飾っていただけるなんて! この作品も本望です。トラットリア ア・ターヴォラさん、こちらは手打ちパスタが評判、中でもショートパスタは絶品! パスタはロングじゃなきゃと言う方もその概念がくつがえされること間違いなしです。
 ぜひ、一度お出かけ下さい。

 

 

山﨑 直彦シェフイタリア料理 トラットリア ア・ターヴォラ
オーナーシェフ 山﨑 直彦シェフ
住所 神奈川県逗子市逗子2-6-22 晴綾館101
TEL 046-871-0150

詳しくはこちらをご覧ください>>

 

モンテルーポ

 

 

 そして、もう1軒はこの春、麻布十番にオープンしたばかりのイタリアン
il magnifico (港区麻布十番 1-4-3 03-6459-1430)

 

 トスカーナ、モンテルーポに伝わる紙芝居のキャラクター、アルレッキーノをモチーフに描いた40センチ角の大皿を筆頭にプレートやタイルなど18作品を壁に飾っていただきました。
 もとラ・ビスボッチャの山下シェフとスーパーカメリエーレの大木さんが作り上げたイタリアン!! そこに闘うワイン商と呼ばれる川頭さんが加わったとあれば・・・ぜひ!

 こちらの il magnifico を借り切っての、ランチセミナーを6月2日(日)のランチに開催します。
 ご興味のある方はラ・チェラミカまでお問い合わせ下さい。
 TEL:045-231-2343  E-mail:ceramica@y9.dion.ne.jp
 

 

クリスタル

▲ページTOP